借金8から首位へ!カープの快進撃から学ぶ後知恵バイアス-行動経済学-

どーも、ゆーだいです

いやいや今日も勝った!

カープすごいな!と感じている今日この頃です。

 

4/16までにあった借金8。

ここまで負け込んだら、優勝は無理だと言われていたのに

なのに、

 

今日いよいよ首位の巨人とゲーム差が無くなりましたーーーー!

スゲェーーですね!

 

思えばこの快進撃

借金8を4月中に返すと言うミラクルから始まりました!

 

しかし、それまでの借金地獄にいた時

連敗街道まっしぐらだった時は酷い言われようでしたし、

殆どのファンが既に今シーズンの行く末はもうダメだろう。

そう覚悟していました。

 

実際ニュースでも、

借金8で逆転優勝したチームはない!と諦めムード。

そんな過去の出来事から

もうカープに優勝の可能性はないんだな。と

皆が思ってしまった事でしょう。。

 

しかし今や

「まあ、3連覇した底力があるし大丈夫だと思ってたよ」

「鯉のぼりの季節になればカープは強うなるんよ」

「流石のカープ」

とまあ見事な手のひら返しです。

 

このようにある出来事が起きて結果がわかった後で

俺は最初からこうなるとわかっていたよ!と

あたかも始めから知っていたかのように、自分の考えを結果と一致させようとすること。

こんな現象を

行動経済学では後知恵バイアスと言います。

 

そもそも行動経済学ってなんだ?

最近僕が面白いと感じている分野の勉強なんですが、

ただの経済学との違いとして、

人の心、感情があることを前提として経済を考える。

と言うものなんです。

 

と言っても複雑なので、

ちょうどこのカープの快進撃から行動経済学で語られるワードの1つ

後知恵バイアスから学べることをお伝えして

今後の糧にして頂けたらと思います。

カープから学ぶ後知恵バイアス

・借金8を作ると優勝できない!とニュースで言われる

「過去のデータもそうだから、もう無理なんだろう」

とカープについて考えることを辞めるとします。

もうそれでおしまい。

 

逆に、過去の結果(借金8以上は優勝可能性0)だけをみて

カープの優勝考えることを辞めることはせずに、

どうしたらカープは勝てるようになるのか

何が原因なのかと

過程やプロセスをみる。

何故ここまでカープは快進撃を続けられるのだろうと考えると面白い。

お前はすぐに帰れ

俺が試合観戦に行ったら3戦3敗だよ。

って人と試合観戦に行ったとしますね

あなたの心持ちは内心複雑です。

負けるんじゃないよなあ。

でも今日は今年になってまだ負けてない床田投手だし、

まあ、大丈夫だろう。

 

その試合に勝てばあなたは何も言わないでしょう。

しかし負けたら

「やっぱりお前と行ったからだー」

「負けると思ったんだよ」

こんな風に敗因を考えずに

原因としてその悪い人を槍玉にあげられる時にも後知恵バイアスが使われます。

ちなみに、誰が3戦3敗もしたかは。。お察しください(笑)

 

カープからどうやって後追いバイパスを学べるか

別の可能性もあるかもしれないと常に疑いの心を持つ。

借金8も抱えたら優勝は無理と諦めるのではなく、

やり方次第で優勝も狙えるところまで行けることを諦めない!

過去の結果だけで諦めないこと。

 

後知恵は、所詮は今自分が持っている知識で行われる推論

自分が持っている知識を更新しないでいるのではなく、

知識の質を良質なものにする努力を怠たらないようにする。

もし今年4連覇を達成できたなら、

借金8で優勝できた初のチームとして伝説になる。

今現在ではまだわからないけど。

そのようになったら知識と言うのは書き換えられないといけない。

自分の知識も常に書き替えよう。と言うことです。

 

過程を考える。

やっぱカープは強いんだなあ。

お前と行くと負けるんだよねで過程、原因を考えずに終わるのではなく、

なんでこんなに上手く行くようになったんだろう。と考えてみるなら

どんなことにおいても考える癖がつくようになる。

 

こんな感じで普段の生活から学べることがあるんですね。

勉強って楽しいんだなあと三十路が近づいてから感じるようになりました。

 

難しいことも好きなもので当てはめて

わかりやすく伝える練習になると思うので

また伝えていきたいです。

 

 

 

 

 お知らせ

ゆーだいのメルマガが始まりました。

ブログでは書くことのできなかった事をさらに深くお伝えしていきます。

ニックネームとメールアドレスを入力するだけなので、 是非こちらも応援よろしくお願いいたします! 

こちらから

登録をお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

高校生活ですっかり自信を失うも訪れた広島お好み焼きで復活 その後ニート経験を得て、英語を学ぶ楽しさを知ってまた復活 広島と英語を面白く発信して行く三十路男です! カープ・旅行・スポーツ観戦が好きです