本を読まない=本屋の衰退?原因を探ってみた

 

先日、読書についてブログ記事を書きました。

こちらでも紹介します。

https://wbwbys3.com/trend-book1/

 

多くの世代で本を読まなくなっている。

という事実に比例しているのか、

現在本屋の規模を縮小している動きがよく見られます。

昔あの場所にあった本屋。

今でも同じように経営されているお店はありますか?

 

本を読まなくなったことだけが本屋現象の原因なのか?

確かに本を読む人が減れば本屋の需要も少なくなります。

しかし本当に読む人の減少だけが原因なのでしょうか?

 

年に1度はこの本が欲しい!と思うこともあるでしょう。

そのときにあなたは何処でどのようにその本を手に入れますか?

 

原因は他にあるかもしれません。

ネット通販の強みに負けた?

 

本屋では自分が欲しいと思った少しマニアックな本が

見つからない!と言った経験をしたことがありますか。

 

しかし

いわゆる地元の町の本屋では持てる在庫が限られているので

売れるであろうと予測がたてられるものが多く置かれます。

そして大量に売れるかわからない本を置くことはリスクが

高いので敬遠されがちです。

その辺りの事情も考慮しないといけません。

 

とはいえ、自分が欲しい本を本屋で予約しても

 

・本屋で予約をしてもすぐに来るとは限らない

・指定された日に行けず、取り置きもキャンセルされる

・本屋にいくのが面倒になってしまう。

 

と言った負のスパイラルが起こり得てしまいます。

 

その問題を全て解決するのがネット通販です。

最近ではコンビニでも本の予約ができてしまう所もありますね。

そのようにして、自分のほしい本だけをネットでさっと買えて

待たされることも本屋よりも短いです。

 

紙だけが読書じゃない?

紙媒体だけでなく、

電子書籍での読書をされる方も少なくありません。

 

・ペーパーレスでエコに貢献できます

・部屋が狭くても、本に圧迫されることはありません

 

特に2番目は私も感じている所ですね。

部屋が狭いので、せっかく買った本の置き場に困ってしまいますが

電子書籍ならタブレット端末一個あれば問題ありません。

 

本屋の衰退で起こりえること。本屋は無くなる?

確かに本屋も

この時代の流れに対しての対策がないと

置いてかれてしまう危険が高まっていますね。

 

ですが

本の扱いが今後ネット通販だけになるのか?

完全にペーパーレスの時代がやって来るのか?

と問われると、

本屋が無くなってしまう。と言う事はないと思いますし、

紙の本もなくなる事はないと思います。

 

レコードやCDだってダウンロードが主流の今でも

それを買う人がいます。

その形での販売を願っている人が入れば、

その需要が一人、あるいは一つでもあるならば、

お店はなくならないでしょう。

 

また別の記事で

進化している本屋についても取り上げてみたいなと

思います。

 

Yesterday,I bought a ticket by a vending machine.

The ticket was ¥430,So I Put ¥1030.

The change was a ¥500 coin, a ¥50 coin and five¥10 coins.

 

 

 

 お知らせ

ゆーだいのメルマガが始まりました。

ブログでは書くことのできなかった事をさらに深くお伝えしていきます。

ニックネームとメールアドレスを入力するだけなので、 是非こちらも応援よろしくお願いいたします! 

こちらから

登録をお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

高校生活ですっかり自信を失うも訪れた広島お好み焼きで復活 その後ニート経験を得て、英語を学ぶ楽しさを知ってまた復活 広島と英語を面白く発信して行く三十路男です! カープ・旅行・スポーツ観戦が好きです