丸選手決断!巨人へ (いくつか人的補償ルールについて訂正しました

ふと目を覚まして見たYahoo!ニュース。
そこに入っていました。
 

丸選手 巨人入り決断!

です。
 
(広島ファンのため、今回の記事には多少贔屓目が含まれます

巨人の条件と広島の条件

巨人の出した条件は
 
5年30億超え
1年だと6億以上となります。
 
6億と言う額はあまり聞かないですね。
かつて巨人、ヤンキース等で活躍されたゴジラ松井選手が
6億と言う額にやっと到達したイメージでしたが。
今年の丸選手を見てそれだけの価値がある。と思われたのでしょう。
 
広島
4年17億
1年だと4.25億
いや、これでも広島は頑張った方だと思います。
かつては1億超えてしまった選手にはお迎えが来ると言われてました。
それが4億ですからね。
 
額面だけ見れば巨人が圧倒的有利でしたが。
 
ちなみに千葉ロッテは
6年30億
1年で5億に加え、将来の幹部候補約束
と言うことで、千葉ロッテも地元千葉出身のスターをぜひ!
と例年になく本気を見せましたが、誠意届かず。でした。

広島が出来ることはなかったか

丸選手は先にも触れた様に千葉出身。
関東の人です。地元の近くで野球が出来て1.5倍以上の昇給。
家族のことも考えると揺れ動かなかったわけがないでしょう。
 
広島が巨人の様に多くのお金を出せるとは誰も思っていません。
それでも、広島も出来ることはあったと思いますね。
もっと何年も前から誠意を見せて昨年のうちに複数年を結ぶとか。
まあ、私の様な素人が考えるくらいの浅知恵です。
球団の方ならとっくにやっておられると思いますが。
 

来年以降のFAラッシュ

これで丸選手が来年からいなくなります。
そして広島は今後菊池選手、會澤選手、野村選手、田中選手。
主力のFA権取得ラッシュが始まって行きます。
野村選手以外は関東出身。
 
これは今年の契約更改で何かしら動きを見せないと
また出ていかれるのではないでしょうか。
 

人的補償について(11.30訂正

と、一野球ファンがどうこう言っても仕方ないですね。
FA移籍したとなれば、人的補償です。
先日巨人は西武の炭谷選手の獲得を発表しました。
ですから、人的補償を選ぶ順番は西武が先で広島が後となります。
↑書きましたが、間違いでした!
NPBのフリーエージェント規約10条にあるように、
人的補償は同一連盟の球団が優先。
同一連盟同士で移籍がある場合は勝率の逆順が優先でした。
 
つまり、人的補償は広島が優先となります!
 
今後巨人は
・プロテクト選手28人を選出。
・プロテクトから外れた選手をまず広島が選ぶ
・広島が選出した後に西武が選ぶ
 
となります。
このプロテクトに今年のドラフト新人や外国人選手は含まれません。
勿論、広島が選んだ後にプロテクト対象選手を変えることは出来ません。
↑これも間違い…勉強不足でした。すみません。
広島が選んだ後、プロテクトリストは変更出来ます。(12/1変更
 
このプロテクトから外れる29番目の選手。30番目の選手は誰なのか。
そこにも注目して行きましょう。
 

それでも崩れない広島の厚い選手層

確かに主力の丸選手が抜けたのは大きい穴ですが、
そこをすぐ埋められる選手が今の広島にはいます。
今年打撃でもブレイクした俊足野間選手がセンターに入るでしょう。
空いたレフトを他の選手で競争となりますが、
そこに入るのが
松山選手、
バティスタ選手、
下水流選手、
西川選手、
坂倉選手、
堂林選手
と言った中で争うこととなるでしょう。
そして巨人からくる選手次第ではさらに競争は激化間違いなしですね。
 
 
丸選手今まで広島のためにありがとうございました。
今後は巨人、同リーグの敵同士となるのは寂しいですが、
巨人を盛り上げてセリーグの競争を激化させて
パリーグに追いつき追い越せでセリーグを盛り上げてください。

 

 

 お知らせ

ゆーだいのメルマガが始まりました。

ブログでは書くことのできなかった事をさらに深くお伝えしていきます。

ニックネームとメールアドレスを入力するだけなので、 是非こちらも応援よろしくお願いいたします! 

こちらから

登録をお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

高校生活ですっかり自信を失うも訪れた広島お好み焼きで復活 その後ニート経験を得て、英語を学ぶ楽しさを知ってまた復活 広島と英語を面白く発信して行く三十路男です! カープ・旅行・スポーツ観戦が好きです