FA選手に動き!?果たして丸選手はどこへ?浅村選手は・・

先日このブログでもお伝えした、プロ野球フリーエージェント宣言選手
丸選手と浅村選手に動きがありました。
浅村選手は西武から楽天へ移籍が決定!
丸選手はロッテと交渉。
今日は浅村選手に関して
まず筆者いたくが驚きだったことがあります。

今年日本一のホークスではなかった。

浅村選手のこの決定を意外に思われる方も多いかも知れません。
何故なら、条件で言えば圧倒的に今年日本一に輝いた
ソフトバンクホークスが有利だったからです。
このチームのメリットは
現在巨人以上にお金がある。
充実した設備。
西武と優勝を争う強さ。
これも、もし怪我人が出ずにベストメンバーでシーズンを戦っていたら、
もしかしたら圧倒的強さを見せていたのかも知れません。
それだけ有利な条件が数多くあれば、多くの人は
浅村はソフトバンクを選ぶだろう。
そう思われたでしょう。

優勝チームから一人都落ち・・

しかし浅村選手の選択は、今年最下位の東北楽天でした。
それも、優勝チームから最下位チームへの移籍。
今まで例があったでしょうか。
それに、金銭での条件もソフトバンクよりは劣ります。
では浅村選手がお金を優先したのでもなく、
強いチームを選んだのでもなく、
最下位チームを選んだのは何故なのか。
 

人と人との繋がり

多くのスポーツ紙があげていますが、
楽天にはヤクルト、メジャーリーグ、西武で活躍された
石井一久GMが交渉の席にいました。
浅村選手と石井GMとの繋がりがそこにはありました。
そして楽天には、
浅村選手が師と仰ぐ渡辺直人選手、
同僚の岸孝之投手もいます。
環境面で落ち着く部分もあったのかも知れません。

環境を変えることは悪か

浅村選手は加えて「本当に悩んだ」と言われています。
確かに、環境が変わることのデメリットも多くあることでしょう。
「ライオンズを最優先で」と言う中で
「野球人としてもっと成長したい」と言う思いもあったようです。
では、私達はどうでしょうか?
自分が置かれている環境を考えてみると、その現状で満足でしょうか?
とは言え日本では転職はあまりいいイメージで取り上げられません。
このFAに関しても、
「他のチームに行くなんて悪だ。裏切り者」
「育てた恩義を忘れたか」
こんな声がよく出てきます。
会社で例えるなら、
一つの会社に入社し、育ててもらい、やっと一人前になったと思ったら
ライバル会社へヘッドハンティング。
確かに育てた会社としては面白くありません。
しかし、本人はどうでしょう。
もっとベストな環境で仕事をしたい。
もっといい条件で仕事をしたい。
そう言う欲求が出てきても不思議ではありません。
この移籍に関して石井GMは

移籍は悪いこと、マイナスではない

と浅村選手の背中を押したとのことです。
石井GM本人も様々移籍を経験されました。経験談から出た言葉です。
移籍で自分が一番成長できると言うことで、浅村選手は決断されました。
自分が最下位チームを変えてやる!と言う意気込みもあることでしょう。
この決定をしたからには、頑張ってほしいものです。
 
そして私達も、環境を変えることはマイナスだけではない。
自分の成長にも繋がると言うことを覚えておきたいですね。
 
さて、西武とそのファンにとっては残念な決定となってしまいました。
生え抜き選手が出て行く辛さはとても苦しいものがありますし、
色々な感情があると思います。
しかし切り替えるしかありません。
嘆いても浅村選手は来年からはライバルです。
西武と言うチームは野手を育てることに定評のあるチーム。
同じだけの穴を埋めるのは難しいにしても、代わりに主力となる選手がすぐ
出てくることを期待しています。

 

 

 お知らせ

ゆーだいのメルマガが始まりました。

ブログでは書くことのできなかった事をさらに深くお伝えしていきます。

ニックネームとメールアドレスを入力するだけなので、 是非こちらも応援よろしくお願いいたします! 

こちらから

登録をお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

高校生活ですっかり自信を失うも訪れた広島お好み焼きで復活 その後ニート経験を得て、英語を学ぶ楽しさを知ってまた復活 広島と英語を面白く発信して行く三十路男です! カープ・旅行・スポーツ観戦が好きです