Amazonギフト券配った泉佐野市の勝ち!ふるさと納税でまたギフト券貰えるかも?

どーも、とーゆです

ふるさと納税、やっていますか?

先日にこんなツイートをしました。

 

泉佐野市という大阪の街がふるさと納税の返礼品に

「アマゾンギフト券」を設定したのが問題になりました。

20.7.1に最高裁判所がこの問題について

泉佐野市の逆転勝訴という判決を下しました。

 

もらって嬉しい!ふるさと納税最高の返礼品はこれ

もらって嬉しいものっていうと、何を思い浮かべますか?

お肉?お魚?お野菜?

色々ありますね。食べ物だけでなく、その土地の特産品なんかも返礼品には挙げられています。

 

泉佐野市は2年前ですかね、返礼品を

市とはなんの関係もない「アマゾンギフト券」にしたことで

このふるさと納税返礼品問題が発生しました。

 

ルールに乗っ取ってやったことだ!という泉佐野市

いや、土地の物でないものを返礼品にするのは如何なものか。。という他の自治体。

 

確かに、色々ともらったら嬉しいものがある中で

現金、ギフト券は何よりも嬉しいぜ。と考えるのは僕だけでしょうか?

現金な人っていう言葉があるんだから、現金が貰えるのは消費者から見れば

正直嬉しいんですよね。

 

 

お金が欲しいなら正直に言おう。

僕はamazonギフト券を2年前のふるさと納税で頂いたクチなので。笑

 

総務省のいいよ、やっぱだめ。の精神

Amazonギフト券にしたろ!ルールに乗っ取ってるんだからええやろ?>泉佐野市

ええよー>総務省

 

うおーめっちゃ納税されたゼェーー>泉佐野市

 

(え?そんな裏技が?いいなぁ。。)

「Amazonギフト券は返礼品にしたらあかんで」>総務省

 

 

よし、来年もやったろ>泉佐野市

 

それ、あかんでー。>総務省

 

といういたちごっこを繰り広げていました。

 

ふるさと納税はとりあえずやっとこう!

色々と問題が発生したけど、

基本ふるさと納税は良い制度だということをお伝えします。

 

・減税される

税金はお金をたくさん持っているとたくさん請求されます(泣

ふるさと納税を納めると、お金を使いますね。

少しお金が減りました。って状態で税金の請求が行われます。

お金が減った分、返礼品という形で自分にも帰ってくるんです。

つまり、お得!ってことです

 

・返礼品がたくさんある

美味しそうなお肉、海鮮、

日常品から様々あるので目移りします!ガチで!

 

僕は肉、肉、肉!

とにかく肉を注文しています!

うまいですよーー

 

・勉強になる

納税については別に書類を自分でささっと作って税務署へ行って申請する必要があります。

だけどサクッと終わるので、そんなに面倒ではありません。

むしろ税金について勉強になるので、やって見るのをおすすめします!



 

さあ、今年は何をもらおうかな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です